2008年03月

2008年03月08日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲院檻苅

(39からの続き)



「ん……んむ……、ちゅう……ちゅっ……ちゅうう……!」

「うあっ……あうっ……ああっ……あ……、い……いい……ジャネット……いい……いいよ……!」

私は口に含んだキースのペニスの赤黒く膨らんだ亀頭にこびりついた私の愛液などを舐め取るとすぐににじみ出た先走りの汁をチュウチュウと吸っていく。それが気持ちよかったのか、キースは私の上で腰を振り立てる。キースのヴァギナが私の肌に触れ合い、そこからにじみ出る愛液でヌルヌルになるのが気持ちよく、子宮がキュンとなり膣口から愛液がとろとろに流れ出してきた。無論ペニスもバキバキに硬くなっており先走りの汁が噴き出るのを感じた。

(はぁぁ……いい……。キースのおま○ことおち○ぽでアソコヌルヌル……。おち○ぽもすっかり勃起して先っぽからお汁噴き出ちゃってそっちもヌルヌルだよ……!)

もう私の頭の中はキースとのセックスのことでいっぱいだった。ヴァギナにキースのペニスを突っ込んで欲しかったし、ペニスをキースのヴァギナに突っ込みたかったのだ。

(はあ……、私処女だったのにもうキースとのセックスのことで頭がいっぱいになってる……。だけどもう止まらない……、キースといつまでもこうしていたいよお……!)

普段の私ならあり得ないようなことを今の私は思っていた。

(やはり媚薬を塗られているからかな……? 身体がウズきっぱなしだし、いや……それだけじゃなくてキースと触れ合うことが出来て、でも今以上にもっとキースと触れ合っていたいんだ……!)

キースと初めて出会ってからずっとキースと結ばれたいとは思っていた。それが今現実となり、嬉しくない訳がなかった。そのことがキースへの奉仕となって現れ、その動きをさらに速めていった。

「んっ、んむっ、ちゅっ、ちゅうっ、ちゅるっ、ちゅう、ちゅうう……!」

「うあぅっ……いい……いいよジャネット……んくっ……もうイキそうだ……んふう……!」

キースの方も私の腹の上で腰を振り、さっきよりもかなり激しく自分の女性器を擦りつけていた。ヌルヌル感が更に大きくなり私の中まで熱くさせていく。そして男の部分も今まで以上に熱く硬くなってビクビクと震え、今にも私の口内に射精しようとしていた。

(ああ……いい……出してキース……私のはしたない口の中を白く生臭い汁でベトベトに汚して……!)

キースの牡の匂いに私はすっかりと酔いしれていた。私はキースのペニスの先端を強く吸っていた。

「ふああっ! ジャネット! も……も……もう出るううううぅぅぅっ!」

私にペニスを吸われたことでキースはビクンッと腰を跳び跳ねて私の口内に射精した。白くドロドロした粘液が私の口内を白く染めあげる。

「んぐううううう! ……んむ……んん……ん……んく……んん……。」

「ふあああ……いい……ジャネット凄くいい……!」

私はキースの精液を受け止め口の中に溜まったものをゆっくりと飲み下していく。一方キースも腰をカクカクと動かしてさらに精液を注ぎこんでいく。

「んぐ……んむ……んん……!」
(凄い……まだ出てる……これ以上は飲めそうにないかも……。)

「はあああ……。」

あまりの量の多さに私が戸惑っているとキースは息を吐き出しながらペニスを私の口内から抜き出す。

「かはっ……! っ、きゃっ……あ……熱い……!」

「はああ……ジャネット……ジャネット……!」

キースは少し腰を浮かしてペニスを扱きながら私の顔面に射精し続けていた。私はペニスを抜かれた時は少し咳き込んだものの、苦にも思わずキースのドロドロに臭い白濁液を顔に浴びていた。

(はぁ……、凄い匂い……。だけど嫌じゃない……キースの精液なら……嫌じゃない……。)

そう思いながらキースの白濁液を顔で受け止めていく。ツーンとした生臭い匂いも私の興奮を煽りたてる材料の一つになっていた。

「はあ……ああ……あ……ああああ……!」

「はぁ……ああん……ああっ……あっ……あはああ……。」
(ああ……おま○こが更に濡れてきちゃってる……。だけどキースもハアハア言っちゃって何だか可愛い……。)

キースは切なげに目を閉じて荒い息を吐きながら私の顔を精液で汚していく。私はキースの精液に犯されながら感じていた。やがてキースの射精が終わるとキースはペタンと私の腹の上に座り込んだ。

「はあ……はぁ……はあぁ……。」

「ああっ……はあっ……あはあぁぁ……。」

私とキースは荒い呼吸を繰り返してその体勢のまま落ち着くのを待った。そして呼吸が落ち着いた時キースが言葉を発した。

「ジャネット……凄くよかった……。」

「私も……キースのおち○ちん舐めてたらお○んこまで感じちゃった……。」

白い欲望の汁で汚された顔ではしたないことを口にするというかなり凄いことを我ながらよくやると思った。しかしキースもにっこりと笑って私の顔に自分の顔を近付けた。

「ジャネット……、凄く汚れちゃったね……ゴメン。」

キースはそう言って笑いかけながら舌を私の顔の汚れたところを舐めとっていく。

「ひゃんっ! いいって……キースのだったらいくら汚れても構わないから……。」

かなり凄いことを言ったと思い顔がより熱く感じた。しかし私の偽らざる気持ちだったと思う。

(私……変なの……。他のヤツならダメなのにキースのだったらいいなんて……。だけど私キースだったら何をされてもいい気持ちになっちゃう……!)

私がそんなことを思っている間にもキースは私の顔の汚れを舐めとっていく。

「嬉しいよジャネット……。もっともっといっぱい注いであげるから受け止めてね、ペロリ……。」

「ああっ……私も嬉しいよ……キース……。」

私は愛されている……、そう感じた私は思わず涙が溢れそうになるがそれを堪えた。やがてキースが私の顔の汚れを舐め取ると私の身体から離れた。

「あっ……キース……。」

「ジャネット、お尻をこっちに向けて……。」

キースが私の身体から離れた時少し不満そうになったが、キースの言葉に「うん」と頷いて身体を起こすと四つんばいになってキースの方に尻を向けた。

(続く)

――――――――――――
第40部です。かなりの長さになっていますがまだ続きます。まあのんびりやっていきますよ。

さて今回はパイズリですが、いきなり凄いのやっちゃったな……と思いました。だけどジャネットの胸ってかなり大きいから胸を使ったHも出さないと……と思いやってみました。しかし我ながらキースに凄いことさせるな……。
ちなみにキースにパイズリを教えたのはバネッサという設定にしています。ジャネットは眠りこんでいたためそれを知りません。

次回は挿入を再開させます。今度はバックからですので期待して待っててください。
それでは。


sasakatu7856 at 12:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ロマンスは剣の輝き(ジャネット) | 二次創作

2008年03月05日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲院檻械

(38からの続き)



「え……? キース……?」

「ジャネット、そろそろいくよ……。」

キースの行為に少し戸惑いながらキースを見ていると、キースは掴んだペニスの先端を熱く濡れた女の部分に数回擦りつけていく。

「あっ……キース……!」

「ジャネット……俺ももう我慢が……うっ……くっ……!」

キースのペニスから先走りの汁が噴き出てさっきよりも熱く硬くなってきたように感じた。

(ああ……あんな大きく硬いモノで貫かれたら……。怖い……だけど欲しい……。)

肉の凶器と言うべきキースのペニスで貫かれるのは多少というよりかなりの恐怖心があった。しかし私の身体のウズきを止めるにはキースの硬いモノで貫かれるしかないとも前者と同じくらい思っていた。

「ジャネット……いくよ……。」

私が恐怖心と欲求の板挟みになっていた時、キースは私の脚を広げながら自分のペニスを私の膣に挿入しようとしていた。既に先端は膣内に入り込んでいた。

「ひっ……きっ……い……痛っ……!」

まだ先端が入っただけなのにかなりの痛みが走った。目に涙がにじんでいた。

「力を抜いて……大丈夫だから……。」

キースがトロンとした目付きで私に囁くように言った。しかしかなりの痛みだったせいか、私の耳にはあまり入っていなかった。その間にもキースの肉棒はどんどん私の膣内に侵入していく。キースのペニスが奥へ奥へと入っていく度にブチブチと音を立て痛みがますます激しくなっていくように思えた。

「ひ……あ……ああ……あっ……くっ……」
(い……痛い……ダメ……さ……裂けちゃう……!)

「う……あ……き……きつい……!」

私が処女を貫かれる痛みにうめいているのと同じように、キースも私の膣のキツさにうめいていた。だか痛みは私の方が上だと思った。キースのモノが私の膣を貫きながら進んでいるとズンッと突き上げられたような衝撃が全身に走った。

「ダメッ!!」

衝撃が走った時に悲鳴をあげた。どうやらキースのペニスが奥まで到達したようでブチンと音を立て何かが流れていくのを感じた。

「入った……動くよ……。」

キースはペニスを根元まで差し込むと腰を動かし私の処女を貫いたペニスを出し入れする。

「いやあっ! 壊れちゃうっ……あはあんっ! はあ……ああっ……あっ……ああんっ……!」

処女を失った痛みで動かれ思わず悲鳴を上げのけぞったものの、痛みが快感にとって変わられたようになって次第に感じるようになった。

(ああ……痛い……痛いのにそれ以上に気持ちいい……。これも媚薬のせいなの……?)

初めての時は痛いとは聞いていたし、キースがバネッサに処女を奪われた時にもキースはかなり痛そうだったのを知っていたけど、まさかこんなにも痛いとは思わなかった。だから痛みが徐々に快感に変わっていくなどあり得ないと思った。しかし現実に痛みが最初よりあまり感じられなくなりかわりに快感が次第に高まっているのである。やはり山賊達に塗られた媚薬の効果が影響しているには間違いなかった。

「ああん……ああ……ああっ……あう……あああん……!」

「ああっ……はあっ……ああう……はああ……、ジャネットの膣内(なか)キツイけど……熱くてぬるぬるして凄く気持ちいいよ……ああう……!」

「ああん……ああっ……、キ……キースの硬くて太いおち○ちんが……あうう……私の膣内(なか)でいっぱいに広がって……あんん……ゴリゴリされて気持ちいいのぉ……ふああん……!」

いつの間にか私も腰を振ってキースのペニスを逃さまいとしていた。汗を飛び散らせ乳房を揺らしながら私の膣内を突きまくるキースの姿は私をより熱くさせていった。

(ああ……、キースに突かれていると何だか凄く気持ちいい……。腰が勝手に動いちゃう……。)

キースに貫かれているのはバネッサや山賊達にされている時以上に気持ちよく、いつまでも繋がっていたい気持ちになる。そう思っている内にキースのペニスが私の膣内でビクビクと震えているのを感じた。

(わあ……キースのおち○ぽもうイキそうなんだ……。キースのだったら何度でも注いで欲しい……。)

そんなことを考えていた次の瞬間だった。キースがいきなり私の膣からペニスを抜いて私の上に乗っかってきたのだ。

「ふわっ……! キ……キース抜かないで……ってどうして私の上に乗っかるの……?」

私の非難と疑問にキースは「こうするのさ」と言って次の行動で答えた。何とキースはヌルヌルになっていた自分のペニスを私の胸の間に挟み込んだ。

「や……やだ……おっぱいにち○ぽ挟むなんて何を……、ふ……あああっ!」

キースは私の胸にペニスを挟み込むだけでなく、私の乳房を揉みながらペニスを私の胸で扱いていった。

「ジャネットっておっぱい大きいからこういうこと出来るんじゃないかって思って……。うっ……くっ……気持ちいい……!」

「ああん、バ……バカァッ! そ……そんなに乱暴にしないで……か……感じちゃうぅ……!」

「ふふっ……。ジャネットってやっぱり胸は乱暴に扱った方が凄く感じるんだね……。」

「うぅ……意地悪……。」

私は顔を更に熱くさせながらもキースのいうことに内心同意していた。私の胸はとても大きく、乱暴にした方がより感じやすく、なおかつキースに触られるのは本当に気持ちよくいつまでも触って欲しかったのだ。

「ああ……ん、あん……ああん……。キ……キースのち○ぽもま○こもヌルヌルゥ……凄くピクピクしているよ……。」

「はあ……うああ……ジャネットのおっぱい気持ちいいからおま○こまで感じちゃったよ……はああ……。」

「はあ……ああ……、う…嬉しい……! もっと気持ちよくしてあげる……。ん……ちゅ……。」

「ふあっ……!」

私はキースのペニスに舌を這わせていた。キースのペニスは私の愛液と処女血でヌルヌルとなってあり、それらの匂いに加えキースの肉棒独特の匂いが加わり何とも言えない匂いがしたが、私は構わずキースのモノを口に含んだ。

「んむ……んん……ん……んく……んんん……。」

「はあっ……ああっ……あ……い……いい……ジャネットいいよ……!」

キースは気持ちよさそうな声をあげ腰を振りながら私の口と胸を攻めたてていく。私もキースのペニスを口に含みながら私の乳房を揉んでいるキースの手に自分の手を重ねて一緒に揉んでいった。

(続く)

――――――――――――
あとがき

第39部です。遂にジャネットの処女喪失が書けました。いやぁ、ここまでくるのに本当に長かった……。普通だったらバネッサや山賊に処女を奪われてもおかしくないのに、やはりキースと結ばれた時に処女をあげた方がいいかな……と。
そしてパイズリといきましたが、一度そこで出してから第2ラウンド以降と続きます。楽しみにしてください。

それでは次回第40部にご期待ください。


sasakatu7856 at 08:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ロマンスは剣の輝き(ジャネット) | 二次創作

2008年03月02日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲院檻械

(37からの続き)



「ん……んん……んっ……。」

「んうっ……ん……ちゅうっ……ちゅうう……。」

キースは私の唇にそっと口付けすると舌を口内に入り込ませていく。私も侵入してきたキースの舌を絡めていく。

「んむ……ちゅ……ちゅうっ……ちゅうう……。」

「んん……んうっ……ちゅぶっ……ちゅっ……ちゅうぅ……。」

ほんの少しの時間であったが、キースと抱き合い舌を絡め合うだけでだいぶ気持ちよく感じられた。息が少し苦しくなったところで私の方から先にキースの舌を離した。するとキースの方も私の口から自分の舌を出すと同時に上半身を起こして自分の身体に付着した精液を手で掬って舐め取った。

「ん……ぺろっ……、クスッ……ジャネットの精液ってまだ濃いね……。んん……ぺろっ……。」

「や……やだ……は……恥ずかしいよ……。」

そう言いながらも熱くなった顔はキースの方に向いており、視線はおのずとキースの仕草に向けられていた。半勃ちになっていたペニスも力を取り戻すかのように自然と熱く硬くなっていった。

(ああ……やだぁ……またおち○ちん硬くなっちゃったよぉ……。だけどおま○こもウズいて仕方ないの……。)

私は堪らず身体をモジモジしてしまった。するとキースの方でも気付いたようで私のペニスに目を向け指でつんつんと続いた。

「ひゃっ! も……もうキースつっつかないで……。」

「クスッ……、ジャネットのここ凄く硬くなってる……、しかも凄い匂い……。」

キースは私のペニスに顔を近づけてクンクンと私のペニスから発せられる匂いを嗅いだ。

「ば……ばかぁ、そ……そんなところの匂いなんか嗅ぐなぁ……!」

「ゴメンゴメン。それじゃあ……んん……。」

「ひゃっ……あ……ああ……!」

キースは苦笑して謝ると私のペニスに舌を這わせた。亀頭や竿に舌が触れる度にビリッとした感覚が生まれ身体を少しのけぞらせた。

「ふああっ! い……いい……! ちん○舐められるのっていいっ……! もっと……もっとしてえっ!」

キースが愛液と精液が混ざった匂いを気にせず私のペニスを舐め回すのはとても気持ちよくそしてとても嬉しかった。私の反応に気をよくしたのかキースはさらなる攻めを加えた。

「ふふっ……それじゃあもっとしてあげる……。」

「ふあっ……! ダメ……!」

私の膣にズブリと何かが差し込まれた。どうやらキースは自分の指を私の膣内に挿入したようだった。それとともに赤黒く膨らんでいる亀頭に暖かい感触を感じた。キースが私のペニスをくわえ込んだのだ。キースはペニスをくわえ込みながら指で膣内を掻き回していく。

「ん……んぐ……んん……ん……んむ……んん……。」

「ふあっ……あうっ……ああっ……はあっ……ああっ……あはあっ……!」

男女両方の部分を同時に攻められるのはとても気持ちよくこのまま果ててしまいたくなる。私が身体をくねらせながらそのようなことを思っているとキースの愛撫が止まった。

「あっ……嫌……止めないで……。」

「ジャネット……、このままイキたい……?」

キースの言葉に思わずコクコクと頷いてしまった。

「うんっ……うんっ……! もうダメ、イカせて……キースの口の中に白いのいっぱい出させてえっ!」

私の哀願と言うべき絶叫にキースは満足そうな笑みを浮かべた。

「そうか……それじゃ思いっきりイカせてやるよ……っ!」

キースはそう言って口を大きく開けると私のペニスを再度くわえ込んだ。ビクンと身体が少し震えた。

「ふあっ……! いいっ……それいいっ……! おち○ぽが溶けちゃう……!」

私のペニスが再びキースの温かい口内に包まれ、私はペニスだけでなく腰までもとろけそうになっていた。無論キースは私のヴァギナへの攻めも忘れていない。先ほどより激しくぐりぐりと膣内を指で掻き回していく。

「んぐっ……んむっ……んんっ……んっ……んんっ……!」

「痛くしないで……あっ……、あ……ダメ……おかしくなっちゃう……!」

股間を攻められ乳房までウズいてしまった私は堪らず両手を大きな胸に伸ばして思いっきり揉み回した。途端に乳首から母乳が噴き出て甘い匂いが私の鼻孔を擽った。

「はぁ……ミルク……堪らない……堪らないよぉ……!」

ペニスとヴァギナを攻められ、更に母乳の匂いに堪らなくなった私は乳房を持ち上げ口に含んだ。

「ん……ちゅ……ちゅう……ちゅっ……ちゅうう……。」
(はああ……美味しい……。私のミルク……本当に甘くて美味しい……。)

「クスッ……いやらしいね……ジャネットって本当にいやらしいんだね……。もっといやらしくしてあげる、んむっ……。」

「んんっ……んうっ……! んぐっ……んううっ……んちゅ……んんんっ……!」
(いやぁ……そんなこと言わないでぇ……! だけどおっぱいまでウズいて我慢出来ないの……! ああっ……キ……キースいじめてぇ……私のいやらしい身体とことんいじめてえ……!)

山賊達に攻められた時も結構感じていたが、キースに攻められるのはそれ以上に気持ちよかった。媚薬の効果もあっただろうが、それを除いても本当に気持ちよかったように思った。

「んむっ……んんっ……んうっ……んっ……んぐう……!」

「んんっ……んっ……んちゅう……んぶう……んっ……んむっ……んんん……!」

私は自分で自分の母乳を飲みながらキースに股間を攻められていく内に次第にペニスの根元から悪寒とともせり上がってくる感覚が生じてきた。

「ん……んんっ……んうっ……んうっ……ん……んんんん……!」

「ぷあっ……ダメ……ダメェ……! もう出ちゃう……! キースの口の中に精液いっぱい出しちゃうぅ……!」

強く胸を握り潰すように揉みながら私は腰をぐりぐりと動かした。キースの喉奥までペニスが入り込んでいく。

「んむ……んんっ……。ひ……ひひよ……らねっと……ほのまま……ほれのくひにらして……。」

「ふあっ! ダ……ダメッ……喋りながらくわえたら……! あぐっ、ああっ、で、出ちゃうううううっ!」

腰からズーンとしびれるような感覚が背筋を通って頭まで伝わっていくと同時に、精液がペニスから発射されキースの喉奥を通って胃の中まで注ぎこまれていくように感じた。

「んぐううううう!」

「ふああああ……! 出てる……キースの喉良すぎてまだまだ出てるぅ……!」

私は乳房と肉棒から白濁した液体を噴き出しながらビクンビクンと身体を切なく震わせていく。キースは苦しそうにしながらも私の精液をどんどん受け止めていった。

「んぐ……んう……んんん……。」

「ああ……ふああ……キ……キース……。」

私の射精が収まるとキースは少し咳き込みながら私のペニスを解放した。

「けほっ……けほっ……苦しかったけどジャネットの精液とても美味しかったよ……。」

「はあ……はあ……そ……そんな……、だけど嬉しい……。」

私は顔を背けながら礼を言うとキースは口を拭いながら自分のペニスに手を添えた。

(続く)

――――――――――――
あとがき

第38部です。元旦に始まってから早くも2ヶ月経ちましたがようやく挿入に入ろうとしています。まだ完結にはかなり時間がかかりますが無理せず自分のペースでいきます。

さて今回は股間の愛撫ですが、私のジャネットは(キースも)フタナリなんでペニス&ヴァギナの同時攻めもありかと思ってやってみました。
次回から挿入に入りますが、(前の方は)処女であるジャネットがどう感じていくか期待して待っててください。
それでは。


sasakatu7856 at 12:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ロマンスは剣の輝き(ジャネット) | 二次創作
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)