2013年07月

2013年07月21日

筋肉娘なキュアメロディ

37022923

メロディ「ねえ、こんな私でいいの? ごつくて汗まみれだし、乳輪でかいし、腋毛やアソコの毛がいっぱい生えているんだよ?」

ある人の線画イラストを塗ってみました。汗や陰毛などは自分で描き込みです。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月20日

奉仕するキュアビート

36849020

ビート「男の人のち○ぽを咥えるときは両手で持って先端を咥えればいいと音吉さんの本に書いてあったわ。」
そういいながらち○ぽを咥えるキュアビートって感じですね。


現在そのキュアビートエロ小説を時々書いています(ブログに一部載せているのがそうです)。それが終わればキュアミューズやキュアエコーのエロ小説も書いてみたいと思います。あとpixivの画像を見て描いてみたいものがありますし、書きかけのもののいくつかありますが書きたいように書いていきたいと思います。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月19日

アナルセックスされるセーラージュピター

sailorjupiter01

ジュピター「あんっ、お尻でされるのって気持ちいい……♡ おっぱいもミルクが噴いちゃって気持ちいいっ♡」

ある人のセーラージュピターの絵がエロかったのでそれを元にアナルセックスさせてみました。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 美少女戦士セーラームーン | R-18シチュ

2013年07月18日

射乳するキュアサンシャイン

curesunshine01

サンシャイン「その心の闇、わたしのおっぱいで照らしてみせる!」

サンシャインさんは露出度の高いコスチュームがいいと思うのです。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ハートキャッチプリキュア | R-18シチュ

2013年07月17日

キュアメロディの両穴に異物挿入

curemelody01

メロディ「あ、これいいかも……♪」

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月16日

小説の続きを載せます

スイートプリキュアのキュアビートエロ小説を執筆中ですが、今回はメロディとリズムが2人がかりでビートを責めるシーンを書きましたのでよろしければどうぞ。

そうして、メロディはビートを抱えあげる。そして肉棒の先端がビートの女性器に触れる。
ビート「ふぇ、えっ・・・…?」
射乳&射精の同時絶頂でしばし放心状態だったビートはその感覚で覚醒する。そして自分の体勢に気づいた。
ビート「え、あっ! い、いやっ! な……何するの?」
メロディ「あ、エレン気がついた?」
リズム「これからエレンのおまんこに響のおちんぽを入れてもらうのよ。」
ビート「え、そ……そんな、やだっ!」
ビートは犯されまいとして身体をよじってメロディから逃れようとするがリズムもビートを抑えていたので(しかも片手はメロディの肉棒に添えていた)逃れることは出来なかった。
メロディ「それじゃいただきまーす♪」
メロディはそういうとビートを自分の腰の上におろす。
―ズブッ、ズブブブ……ズンッ!
ビート「うああああっ!」
メロディ「ん、は……きつっ……。」
ビートは太いモノで押し拡げられる苦痛に悲鳴を上げ、メロディはビートの膣内のきつさに少し顔を顰めた。結合した部分から赤い筋が流れ出て、リズムがそれに気付いた。
リズム「あら響、エレン処女だったわね。」
その言葉にビートの顔が朱に染まった。
メロディ「あれあれ〜、エレンってば今まで誰にも相手にされなかったのかな〜?」
ビート「そ、それは……。」
メロディにからかわれてビートは処女を奪われた痛みを忘れ俯いてしまう。
ビート(言えない……バスドラたちに相手をさせられていたなんて……。)
ビートはかつて妖精セイレーン(本来の姿は猫型)だったころプリキュアに敗れるたびにメフィストの命令で人間の姿になってたちの性欲の捌け口にさせられたことが多々あったので猫の姿に戻ってまた人間の姿になっても非処女のままだったが、プリキュアになって肉体的にリセットして処女が復活したようであった。そんなことになっているとは気がつかず戸惑うビートであったがリズムの一言で思考が中断されてしまう。
リズム「まあいいじゃない、相手にされていてもいなくても♡」
メロディ「そうだね、これからは私達がエレンを愛してあげればいいんだもんね♡」
メロディが言いながら屹立したままのビートの肉棒を一撫でする。ビートがひっと小さく悲鳴を上げる。
リズム「うふ、エレンかわいい……もう自分で食べちゃおっと♪」
ビート「えっ、あ……ちょ、か……奏っ!」
メロディは自分とビートの脚を閉じ、リズムはそのビートの肉棒のあたりを跨いでそれを自分の膣口に導き腰を下ろす。
―ズンッ、ズリュッ!
ビート「あうっ、あはぁっ!」
リズム「あはっ、入ったぁ! おちんぽずっぽしきたぁ!!」
ビートの肉棒を自ら受け入れたリズムは歓喜の叫び声をあげ、腰を振っていく。一方ビートはリズムの膣に扱かれ今までにない心地よさを感じていた。
ビート(うあっ、すごぉ……これが、これがおまんこの中……気持ちよすぎぃ……!)
リズム「あはぁ、いいっ! おちんぽいいっ!」
リズムの腰の振りはどんどんスピードを速めていく。ビートも知らず知らずに腰を動かすようになっていた。それをメロディが気付かないはずがなかった。
メロディ「うふふ、エレンったら腰振っちゃって気持ちよさそう……もっと気持ちよくしてあげるね♪」
ビート「ふぇ……?」
ビートがメロディの言葉におぼろげに反応する間もなく、メロディはビートの爆乳に両手を回しぎゅぎゅっと揉みしだく。びゅびゅっと乳首の先から母乳が噴き出す。
ビート「あひぃっ、だめぇっ! おっぱい揉んだらだめぇっ! ミルクが噴いて気持ちよすぎるぅ! 頭変になっちゃいそう!!」
メロディ「あははっ、エレンのおまんこキュウキュウしてるよぉ……私のおちんぽ千切れそう……♪」
メロディに搾乳されたビートの母乳は彼女の上で腰を振っているリズムの身体に降りかかる。それに気付いたリズムが自分で自分の爆乳を揉んで、ビート目掛けて母乳を振り掛ける。
ビート「ひああっ、あついぃ! ミルクあついぃ……おちんぽもおまんこもすごく熱くてきもちいっ!」
リズム「あはっ♡ エレンと私のミルクの匂いすごくいい……もう私いっちゃいそう、あひんっ♪」
メロディ「あふっ、私もいきそう……エレンの締め付けすごくて私っ、もう出ちゃいそう……♡」
その言葉にビートもまた身体の奥からこみ上げてくるのを感じた。
ビート(ああ、いっちゃうんだ……私のおちんぽとおまんこで響と奏がいっちゃうんだ……私、私も……もういきそう……響に出されて奏の中に出しながらいっちゃうぅ……!!)
メロディとリズムに男女両方の部分を責められビートは絶頂寸前に来ていた。そして彼女を責めていたメロディとリズムも最初の絶頂に差し掛かろうとしていた。
メロディ「さて……と、そろそろいきそうだけどエレンもきっちりといかせないと……ここでいかせなきゃ女が廃る!」
いつもの口癖を発しながらメロディはビートの双乳をより激しく揉んでいく。先ほどよりも母乳の出がより強くなっていく。
リズム「あはっ、エレンってばおっぱいミルクをあんなに噴きだしちゃって♪ 私も気合の射乳(レシピ)見せてあげるわ、それそれっ♡」
リズムはさらに腰を振りながらぎゅぎゅっと自分で搾乳していく。その影響からか膣圧も次第に高まりエレンの肉棒を締め付けていく。
ビート「だ……だめぇ! おっぱいも……おちんぽも……おまんこもいっぱいされたら私もう……もう快感のビートがもう止められないのぉ! うはあああっ!」
もはや全身が性感帯になったかのごとくビートの肉体は快感で震えていた。そしてびくんっと一際全身が震えてきた瞬間、
ビート「んほあああああっ! あひぃああああああっ!」
ビートは一際大声を上げて絶頂した。それと同時にリズムの膣内に射精し、メロディもビートの膣内に射精していた。
メロディ「んんっ……くっ……んっ、はあああ……!」
ビート「あ、ああ……出てるぅ……奏の……奏のおまんこに射精しちゃったぁ……! いや……射精しているだけ……じゃなくて……響に……響にも射精されちゃってるぅ……おなかの中、すごく熱いぃ……!」
ビートはリズムの膣内に射精される快感とメロディに自分の膣内へ射精される快感を味わっていた。そのビートの耳元にメロディが囁く。
メロディ「どう、エレン気持ちよかったでしょ?」
その言葉にビートは赤い顔をさらに赤く染めながらも頷いて「うん」と答えていた。
ビート(すごくよかった……もうプリキュアがどうとかいうより……響と奏といつまでも繋がっていたい……気持ちいいこといっぱいしたい……!)
そう思ったビートの身体の一部がどくんっと疼いていた。
リズム「ねぇ、エレン。これからも私達といっぱいHな事、いっぱいしたくない?」
ビートに繋がったままのリズムが彼女の首筋に両手を回し顔を近づけて言う。ビートは少し顔をそらしたがすぐにリズムに顔を向けて、
ビート「もっと……もっとしたい……。おちんぽをおまんこにハメてずぼずぼしたい……おまんこにおちんぽでずぼずぼされたいの……。」
その答えにメロディとリズムは、、
リズム「あはっ♡」
メロディ「素直ねエレン、大好き♡」
といってビートを抱きしめながら代わる代わる彼女の唇に自分達の唇を重ねた。もちろん唇を重ねるだけじゃなくお互い相手の口内に舌を入れ合う。

このあともまだ続きますのである程度まで書き上げたら載せようと思います。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | 二次創作

2013年07月15日

射乳しながらウインクするキュアメロディ

36983413

メロディ「やっほー♪ あたしおっぱいミルク噴いちゃってるけど元気よー♡」
射乳しても元気いっぱいなキュアメロディですw

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月14日

射乳する超乳な響さん

36943662

響「ノイズ、あなたずっと泣いていたんだね……私のおっぱいもずっと泣いてるの。」
いや、この場合は射乳というのですが……と自分で突っ込んでみました(^_^;)

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月13日

射乳しながら走るキュアメロディ

curemelody02

おっぱいを揺らし射乳しながら走るキュアメロディってエロいですね。


sasakatu7856 at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年07月12日

メロリズWフェラ

melorhy01

ドピュッ!
メロディ「あはっ、出たぁ♡」
リズム「すごい匂い……もっと出して♡」
果てなく続く美少女2人の奉仕にどんな男も陥落を余儀なくされるだろう。


pixivに投稿したエロ絵を使ってエロシチュを書いてみました。これからもやろうと思います。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スイートプリキュア | R-18シチュ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)