2013年08月

2013年08月31日

ふたなりキュアビート バックから突かれる

curebeat01_0001


ビート「はへっ♡ あへぇっ♡ 中出しされるの気持ちいい〜♡ おっぱいミルクも精液も噴いちゃって気持ちよすぎる〜♡」

昔保存していた画像を元に描いてみました。バックから突かれるところがビートにぴったりだと思ったもので……(^_^;)

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年08月30日

小説の続きを載せます

現在書いているキュアミューズエロ小説ですが、続きが書けたので載せておきます。
今回はミューズがキュアビートに処女を奪われるという結構ハードなシーンを書いています。
それではどうぞ!

―ぶちっ!
ミューズ「かはっ! う……ああっ、あ……はあっ、ああっ……あぐっ!」
ビートの肉棒がミューズの処女膜を打ち破ったとき、ミューズは目を見開きながら背を仰け反らせる。結合した部分からいくつもの赤い筋がつつーっと会え現れた。
ビート「あはははっ♡ 姫様の処女奪っちゃった♡ どうですか、姫様ぁ?」
ミューズ「あ……ぐ、うう……いた……い、痛いの……ぬ、抜いてぇ……!」
痛みを訴えるミューズの両目から涙があふれていた。その涙を両腕を押さえていたメロディとリズムがやさしく舐め取る。
ミューズ「ふぁっ?」
メロディ「ミューズ、痛いのは最初だけだよ♡」
リズム「そうよ、これから気持ちよくなるんだからちょっとの間我慢、我慢♪」
メロディとリズムがミューズの耳元でやさしく励ますように語り掛けていく間にビートの肉棒の先端がミューズの膣奥―子宮口に到達した。ズンとした衝撃がミューズの頭のてっぺんまで伝わっていく。
ミューズ「ひうっ!」
ビート「あはっ、奥まで来ちゃった♪ それじゃ動きますねぇ♪」
ミューズ「い、いや待って! 動いちゃだめぇぇっ!!」
ミューズの制止の声を無視したビートは腰を振りたてミューズの膣を犯していく。年端の行かぬ少女を犯すという背徳あふれる行為すら今のビートには甘美なことであった。一方同じプリキュアに犯されるというショッキングな事態にミューズは、
ミューズ「あうっ! ぐ……ううっ、はうっ、ひゃうっ! うぐっ、う……ああっ、はうう、ひゃんっ、ひぐぅっ……!」
目に涙を溜めつつもビートの陵辱に耐えていた。
ビート「あはぁ〜♡ 姫様の膣内(なか)気持ちいい〜♡ 私もうイッちゃいそう〜♪」
ミューズ「あうっ、ひゃうっ、ううっ……ふぇ?」
ビートの陵辱にミューズが歯を食いしばり耐えていたのだが、自分の身体がある異変を感じていた。
ミューズ(な、なにこれ? ビートのおちんちんがびくびくしている?)
ミューズの膣がビートの肉棒の震えを感じていたのだ。それはすなわち、
ビート「あはっ♡ 姫様の膣内(なか)よすぎてもう出ちゃいそうですぅ♡ 膣内(なか)にたっぷり出しちゃいますねぇ♡」
その言葉にミューズは顔を青ざめた。
ミューズ(このまま出されたら赤ちゃんが出来ちゃう……!)
ミューズは性的に未成熟な身体を持ってはいたものの知識の方は少しではあるが有していた。
ミューズ「だ、ダメ……膣内(なか)に、膣内(なか)に出しちゃだめぇ……!」
ミューズは目に涙を溜めて哀願したが、ビートは口から涎を垂らしながら、
ビート(姫様の膣内(なか)に射精(だ)したい! 姫様を孕ませたい!)
という欲望に取り付かれミューズの言葉に耳を貸す余裕などなかった。もちろんミューズの両腕を押さえているメロディとリズムにもミューズの言葉に耳を貸すことなどなかったのである。そのうちビートの背中をぞくぞくと悪寒が駆け抜けていった。

今回はここまで、続きを書いたら載せようと思います。
それでは。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | 二次創作

2013年08月29日

キュアソード 射乳

curesword01_0001


「武器はもっていないわ」って感じで裸になるソードさんですが、射乳が武器になったりしてw

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ドキドキ!プリキュア | R-18シチュ

2013年08月28日

小説の続きを載せます

このところキュアミューズ小説の続きを書いていないのでそろそろ書かねばと思って書いてみました。
それではどうぞ!

ビート「あはっ、姫様かわいい〜♡ もっと舐めたり弄ったりして差し上げますわ♡」
ビートがそういうと指でくりくりと弄り回したり舌を使って舐め上げたりとミューズの淫核を責め立てていく。それにつれてメロディとリズムも肥大化したミューズの乳首を舐めたり弄り回したり扱きたてたりしていく。
ミューズ「あううっ! はうぅ、ひゃうっ! ああんっ、はあんっ、ううんっ、くぅぅんっ!(ああっ、だめぇ……気持ちよすぎておかしくなっちゃうぅ……♡)」
乳首や淫核を責められるたびにミューズの体はびくっびくっと身体を震わせ、秘所からはとろとろと熱い蜜をあふれさせていく。喘ぎ声を上げる口からと域も漏れ、その端から涎が垂れていく。その様子を見たビートはそそり立つ淫核から口と手を離す。
ミューズ「ふあっ……な、なに……やめちゃ……やだ……。」
ミューズは思わず口走ってしまいとっさに手で塞ごうとするが、メロディとリズムに両腕を取られてしまう。
ミューズ「あっ! い、嫌……は、離してっ……!」
ミューズは必死でもがくが両足もビートに押さえられてしまい満足に動くことも出来なかった。
メロディ「もう、暴れないの。」
リズム「これからとてもいいことをしてあげるんだからじっとしてて♪」
ミューズ「いいことって……ひっ!」
ミューズは目の前にビートの巨大な肉棒が現れ思わず短い悲鳴を上げてしまった。
ビート「うふふ、姫様ぁ……これを姫様のおまんこにズブッといれちゃいますねぇ♡」
ビートはうれしそうに言って自分の巨大な一物の先端をミューズの小さな膣口に宛がう。
ミューズ「ひっ、いや……やめて……!」
巨大な肉棒で犯されるという事態にミューズは顔を青ざめ身体をがたがたと震わせる。リズムが「大丈夫」と耳元で囁くが恐怖が先立って聞こえていないようだった。
ビート「いくわよ……。」
ビートが腰を進め肉棒をミューズの膣内に挿入していく。みちみちと音を立て肉棒がゆっくりと膣に埋没していく。

続きを書いたら載せます。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | 二次創作

2013年08月27日

セーラープルート 誘惑

sailorpluto01_0001


プルート「あは〜ん♡ おっぱい吸ってぇ♡ おま○こ舐めて、弄って、ち○ぽぶちこんでぇ♡」

セーラー戦士一アダルトなプーさんことセーラープルートを描いてみました。

原作で彼女を見たとき一瞬マーズの親戚かと思ってしまいましたが(^_^;)

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)美少女戦士セーラームーン | R-18シチュ

2013年08月26日

キュアビート V字開脚

curebeat02


メロディ「ビート、その格好何?」
ビート「音吉さんから借りたDVDで勉強したの〜♡ 何でも男をこうやって誘うのが女のたしなみっていう風習がある国であるって♡」
リズム「それってやっぱりAV?」
ミューズ「おじいちゃんったら、ビートに変なものを貸さないでよ……。」

あるところの画像を見ていたらビートにV字開脚させたくなってやってみた。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年08月25日

巨乳キュアリズム

curerhythm01


リズム「気合の巨乳(レシピ)見せてあげるわ!」

前回のメロディ同様射乳していませんがそれでもいいかなと思って。


sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年08月24日

巨乳キュアメロディ

curemelody01


メロディ「ここでおっぱい見せなきゃ女が廃る!」

アニマックスのスイプリの放映は今週で終わりましたが、オールスターズNS1の放映が明日25日にあるそうなので気になるところです。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | R-18シチュ

2013年08月23日

小説の続きを載せます

このところキュアミューズの小説を書いておりませんでしたが、これではいかんと思い続きを書いてみました。
それではどうぞ!

ビート「姫様、実は響と奏の体液には普通の女性の肉体を変化させる効果があるのよ。」
ミューズ「え?」
ビート「本来なら爆乳化したり、ふたなり化したりしてもおかしくないけど姫様の肉体はまだ性的に未成熟なところがあるので乳首やクリトリスの肥大化で終わってしまったのね。」
ミューズ「そんな……。」
ビートの説明にミューズは愕然とし肥大化してしまった乳首と淫核を見つめた。勃起した肉棒に匹敵するくらいの大きさになったそれら3つの突起を見て青ざめるミューズ。そんな彼女の頭をメロディが抱き寄せる。
ミューズ「あ……。」
メロディ「もう、ミューズそんなに怯えないの。こんなに立派なものが付いてるだから楽しまなきゃ♪」
ミューズ「ふあっ!」
メロディはミューズの肥大化した乳首の1つをつまみ上げくりくりと弄り回す。
ミューズ「ふああっ、あっ……!」
リズム「あはっ、アコちゃん気持ちよさそう〜♡ それじゃ私も……はむっ♪」
ミューズ「あひいぃんっ!」
リズムがもう一方の乳首を咥え込み、ミューズはびくんっと体を仰け反らせた。
ビート「乳首は響と奏に取られたか……それじゃ私は……ぺろっ♪」
ミューズ「ひいいいいいっ!」
ビートは股間にそそり立つミューズの巨大な淫核に舌を這わす。一番敏感な部分を舐められたミューズは先ほどよりかなり仰け反ってしまう。

続きを書いたら載せようと思いますので楽しみにしてください。
それでは。

sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイートプリキュア | 二次創作

2013年08月22日

キュアビート 爆乳ふたなり&エロ蹲踞

curebeat01


ビート「あはっ、気持ちいい〜♡ おっぱいとおちんぽのビートが止められないわ〜♡」


sasakatu7856 at 07:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)スイートプリキュア | R-18シチュ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
Recent TrackBacks
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)