2007年11月03日

ロマンスは剣の輝き競僖薀譽襯好函璽蝓次Ε蝓璽癖圓修裡

(3からの続き)

「リーナ・・・、体位を変えるよ・・・。」

「ええ・・・、いいわ・・・。」

キースはリーナに耳元で囁き、リーナがこくんとうなずいたのをみてキースはリーナの両足を抱え込む。

「あっ・・・、キース・・・。」

「いいからじっとして・・・。」

キースに抱え込まれリーナは思わず羞恥心がこみ上げたが、キースが耳元で再び囁くとリーナはいったん黙ってうなづく。しかし、キースがリーナを抱えあげたことで、今までリーナの尻穴に入っていたキースの肉棒がぷるんと抜け出て、それと同時にリーナの腸内に注ぎ込まれたキースの精液が逆流してどぽどぽと地面に流れ落ちていった。

「あ・・・、ああ・・・、キースの精液・・・、どんどん逆流している・・・。恥ずかしいけど、なんだか気持ちいい・・・。」

「うわ・・・、すごいな・・・。いっぱい流れていくよ・・・。」

「いや・・・、見ないで・・・。」

キースに見られる恥ずかしさで思わず顔を背けるが、抵抗した様子はなかった。逆流した精液の勢いが次第に弱くなり、線が点に変わったときキースはリーナの両足を地面に下ろした。

「リーナ・・・、いくよ・・・。」

「ええ・・・、いいわキース・・・、来て・・・。」

リーナを地面におろすや否や、キースは自分の両手をリーナの両足から両腕に持ち替え、肉棒の先端をリーナの肉割れにあてがい、一気に貫いた。

「は・・・・、あああああっ!」

「くっ・・・、はああああっ!」

キースはリーナの膣内に挿入すると腰を振りたてる。リーナの膣内はリーナ自身の愛液とキースの精液で塗れていたが締め付けは変わっておらず、むしろキースの注送の手助けになっていた。リーナもキースの肉棒の硬さ、熱さに腰を振りたてる。二人が腰を動かすたびに豊かな乳房が揺れて、そこから白い液体もにじみ出ていた。

「あんっ・・・ああっ・・・、キースのおち○ちん・・・、いい・・・、すごくいい・・・。」

「あくっ・・・、はあっ・・・、リーナの膣内(なか)・・・、熱くて・・・、ぐちゃぐちゃで、すごく締め付けて・・・、くっ、気持ちいい・・・。」

キースはリーナの膣内の感触を楽しみながら、リーナの揺れる乳房を見るや、自分の両手をリーナの両腕から両乳房へと目標を変更していく。

「あんっ・・・、ああっ・・・、キース・・・、あうんっ・・・、また胸を・・・、けどいいわよ・・・、もっと揉んで、搾って・・・!」

「うくっ・・・、ううっ・・・、くっ・・・、うん、リーナ・・・、もっと搾ってあげる・・・。胸だけでもいけるように・・・、はあっ・・・!」

「あうんっ・・・、はあぁっ・・・、もう・・・、そんなことを言うと・・・、はひっ・・・、もう胸だけでいっちゃうわよ・・・、あふんっ!」

普段口にしない言葉をリーナは次へ次へとその可憐な口から放っていく。それに対しキースは興奮と射精感を徐々に高め、両手と腰の動きを激しくしていく。それとともに胸から母乳を、結合している部分からは愛液が飛び散っていく。

「リーナ・・・、俺また・・・、うくっ・・・!」

「ああっ・・・、はああっ・・・、い・・・いいわよ・・・。私の膣内(なか)に・・・、はくっ・・・、たっぷり出してっ!」

リーナの言葉にキースは腰の振りを一層激しくし、そして、

ーーードプッ、ドピュリュッ、ドクンッドクンッ・・・

「は・・・、ああ・・・、また出た・・・。」

「ああ・・・、はあ・・・、キースの精液・・・、何度注がれても熱いわ・・・。」

キースはリーナの胎内に精液を解き放った。リーナもキースの精液の熱さに身体を震わせる。しかしこれだけ出しても、キースの肉棒はリーナの膣内で硬いままだ。

「すごいわキース・・・。私の膣内(なか)にいっぱい出しているのにまだ硬いわ・・・。」

「リーナの膣内(なか)、すごくいいから何度でもいけそうだよ・・・。」

「もうそんなこと言って・・・、それならお尻の方でもやって欲しいな・・・。」

リーナはテレながらも腰を軽くゆすりキースに肛門への挿入をねだる。キースはいいよと一言言って、リーナの胎内から肉棒を引き抜くとそのままリーナの直腸へ何度か目の侵入を開始する。

「はう・・・、あはああああっ・・・!」

リーナは肛門への挿入とその前に引き抜かれたときの精液がたれた感触で声を漏らした。

「リーナ・・・、大丈夫・・・?」

「平気よ・・・、お尻のほうでもいっぱい突いてね・・・。」

キースはリーナがかすれた声を上げたのを聞いて声をかけるが、リーナは首を後へ向けてにっこりと笑った。それを見たキースは胸にこみ上げてくるのを感じながら肉棒を肛門の中に突きたてる。

「ああっ、はああっ・・・、いい・・・、お尻の中・・・、キースのおち○ちんで・・・、あはっ、ずんずん響いてくる・・・!」

「俺も・・・、リーナのアヌス、すごく締め付けてくるから・・・、くっ・・・、また出そうだ・・・、うくっ・・・!」

リーナの肛門と直腸はぎゅんぎゅんとキースの肉棒を何度と締め付けてくる。一方、キースの肉棒もリーナの腸の襞をこするようにえぐるようにゴリゴリと攻め立てる。まだ知り合って間もないのに二人の性器は何年も愛し合ったかのようになじんでいるかのようだった。そしてキースはリーナの膣から肛門に目標を変えても胸を愛撫するのはやめなかった。

「ああんっ・・・、あうっ・・・、キースに胸強く揉まれて、ミルクたくさん出ちゃってる・・・。」

「リーナのおっぱい、すごくやわらかいし大きいから、すごく揉み甲斐あるよ・・・。そしてここも・・・。」

キースは胸を愛撫していた両手のうち、右手を屹立しているリーナの肉棒へ伸ばし、それをつかむとしごきたてる。

「ひゃうっ、ああんっ、ああっ・・・! も、もう・・・、キースったら・・・、ああんっ、おち○ちんまでしごくなんて・・・、あはうっ、反則よ、もう・・・、あふんっ・・・!」

胸と肉棒と尻穴の3箇所を同時に攻められ、リーナは抗議するもそれ以上に快感は強く、さっきまで攻められていた秘唇から新たな愛液が胎内に残っていたキースの精液とともにとろとろと流れ出していた。

「ああんっ、気持ちいい・・・、キースにいろんなところを攻め立てられて、すごく気持ちいいの・・・!」

「俺も、リーナのかわいい声を聞いていると・・・、くっ、もういきそうだ・・・!」

「い・・・、いいわよ・・・、あふっ、キース・・・、あんっ、何度でもいってね・・・、私の中に・・・、あんっ・・・、何度でも・・・、あんっ・・・!」

キースもリーナも快感の度合いがこれまでになく強くなっているのを感じた。その時キースはリーナを刺し貫いたままブランコに座る。そして、胸と肉棒を愛撫しながらリーナを突き上げる。

「あんっ・・・、ああっ・・・、キース・・・、こういうの本当に・・・、ああんっ・・・、好きね・・・。」

「リーナを後から突いて胸を揉んだりするとなんだか気持ちいいんだ・・・。」

「なにそれ・・・、ああんっ・・・、もう訳わかんないわね・・・、ああんっ・・・! でも、キースにいっぱい突かれるとなんだかすごく気持ちいいの・・・、あうんっ・・・!」

リーナはキースに理由を求めようと思ったが、キースから与えられた快感を感じるとそんなことはどうでもよくなっていった。セックスってこんなものかな・・・、リーナは快感でぼやけている頭の片隅でそう思っていた。

「リーナ・・・、俺もう出そう・・・。」

「ええ・・・、いいわ・・・。私のお尻の中に出して・・・。」

リーナの言葉にキースは腰の動きを早め、

ーーードクンドクンッ、ドピュッ、ドピュッ・・・

リーナの腸内に射精した。

「は・・・、ああ・・・、熱い・・・。お尻・・・、やけどしちゃう・・・。」

「うく・・・、んうう・・・、リーナの腸内(なか)・・・、すごくいい・・・。射精が止まらない・・・。」

リーナの直腸内が良かったのか、キースはしばらくの間射精したが、治まってもキースの肉棒は勃起したままだった。

「やだ・・・、キースのおち○ちん・・・、まだ勃起したままよ・・・。」

「リーナの中・・・、すごくいいからなかなか治まらないよ・・・、けどもう一回やったら何とかなるかも・・・。」

「もう・・・、キースったら底なしね・・・。だけどいいわよ、私もキースの精液、おま○この中に出して欲しいから・・・。」

リーナはキースのまさに底なしというべき性欲に半ばあきれつつも、自分もキースの精液を求めたくて、いったん立ち上がると今度はキースに向き直り、対面座位の格好でキースの背中に両手を伸ばし、腰を振る。

「あんっ・・・、ああ・・・っ、キースのおち○ちん、すごい。ごりごりと私の膣内(なか)、えぐってる・・・。」

「リーナの膣内(なか)、すごくいい・・・。ぐちゅぐちゅなのにすごくいい・・・。」

リーナはキースの肉棒の熱い感触に腰を振りたてる。キースもリーナのプルプルと揺れる乳房に片手を伸ばし、もう一方の片手でビクンビクンと震える肉棒をつかみ、シュッシュッとしごきたてる。

「ひゃうっ、あくうっ、も・・・、もう・・・、またおっぱいとおち○ちんをいじって・・・、けどいいよ・・・。もっともっといじって・・・、キースの手の中で白いのいっぱい出させてぇぇっ!」

リーナの淫らな求めにキースは腰と両手の動きを激しくする。リーナもキースにしがみつきながら、与えられた快感に満足せず、自ら腰を振りたてる。時折尻穴から白い液体が漏れ出してくるが、リーナはその感触すら心地よく感じた。そうしてお互い絶頂が近づくのを感じた。

「く・・・、リーナ・・・、もういく・・・、また出そう・・・!」

「キース・・・、ああっ・・・、私も・・・、あくっ・・・、一緒に・・・!」

二人の腰を動きがこれ以上になく激しく動かされ、そして、

「あっ・・・、あっ・・・、あ・・・、ああああああああ
ーーーっっ!」

「う・・・、くっ・・・、ううっ・・・、うぐううううううーーーーーっっ!」

ーーードピュッ、ドクンドクン、ドプッドプッ・・・

リーナとキースはピーンと身体を弓なりにそらせ、お互い胸と股間から白濁した液体を放出すると自分や相手の身体を汚していった。そしてキースは顔をリーナの乳房に近づけるとその先端から噴き出る母乳を口にふくむとリーナに口づけする。

「リーナ・・・・、んっ・・・・。」

「んっ・・・・、んんっ・・・・。」

そしてリーナはキースから注ぎこまれる自分の母乳を受け止め、飲み下していく。

「ん・・・、ぷは・・・・、リーナ・・・、美味しかった・・・、自分のミルク・・・?」

「んん・・・、はっ・・・・、うん・・・、すごく美味しかった・・・、これが私の味なのね・・・。」

二人の口が次第に離れていくにつれ、次第に唾液の糸が細くなって切れていった。実はリーナは今まで自分の母乳を飲んだことはなかった。キースもそういうのはなかったが・・・。

「うん・・・、リーナのってすごく美味しいな・・・。また飲みたくなってくるよ・・・。」

「もうそんなことを言って・・・、でもキースだったら何度でも飲ませたくなるかも・・・。」

キースの言葉に苦笑しつつも、リーナはキースだったら何度でも授乳させたいという気になっていた。そしてリーナはあれだけ放出させられたのにも係らず、自分の肉棒がいまだに衰えないのを感じていた。

(第5部へつづく)

___________________________________

あとがき

リーナ編第4部終わりました。
次回第5部ではいよいよリーナ攻めに入るわけだけど、第5部ではキースへの後戯も交え、リーナのキースへの愛撫、挿入をやってみたい。
いくつかは考えているけど、書いていくうちにこれをやってみようというシチュエーションが出てくると思うので話が長くなるかも知れないがご容赦を。
それでは次回第5部を楽しみに待っててください。


sasakatu7856 at 23:03│Comments(0)TrackBack(0) 二次創作 | ロマンスは剣の輝き(リーナ)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)