2008年10月26日

心菜さんの危険な遊び( その21)

(20からの続き)

「んくっ! んっ、んんんんんんっ!」

貴洋は絞り出すような声を上げて心菜の胎内に射精した。それに連動してかアナルに挿入していた触手の方も腸内に精液を発射した。たちどころに白く染まっていた二つの淫穴の奥は本物の精液と機械の精液でさらに白く染め上げていった。

「ふあああ……あ、熱い……熱いよおおお……! オマンコもお尻も精液でいっぱいぃ……!」

心菜は涙と汗とよだれなどで顔をぐちゃぐちゃにしながらも悦びの表情を浮かべていた。時折身体を揺すりながら精液を搾り取ろうとしているように思えた。

「うっ……くっ、あっ……うあっ……!」

貴洋はうめき声を発しながらも心菜同様腰を振りたくって更に精液を注ぎこんでいく。しかしいくら注いでも自分の肉棒は未だ収まりがつかなかった。

(ヤバいな……、いくら出してもまだ治まらないや……。心菜さんもまだ腰を振って……そうだ!)

あることを思いついた貴洋は心菜の膣内から自分のペニスを抜く。最奥まで注いでいた精液がとろとろと膣口から流れ出してきた。

「ああああ……いやぁ、貴洋くん、抜いちゃいやぁ……! せーえき、せーえきもっと欲しいぃ……!」

身体を揺すりながら不満そうな表情で訴える心菜に貴洋は心菜の巨大な乳房を鷲掴みする。

「んああっ! た……貴洋くん?」

「わかってるよ、心菜さん。ちょっと入れ替えるから待っててね……。」

「え、入れ替えるって……ひあああっ!」

貴洋に耳元で囁かれ少し戸惑った心菜だったが、肛門から何かが引き抜かれるような感覚を受け悲鳴を上げた。

「ちょ、ちょっと! ちょっと何を……んあああっ!」

非難の声をあげようとする心菜だったが再び肛門に何かが挿入され悲鳴を上げた。貴洋が心菜の腰を掴んでアナルに自分のペニスを挿入したのだ。

「ひあああっ! お、お尻い……お尻の中に貴洋くんのオチンポがぁ……でっかいチンポが入ってるぅ……!」

「うっ、くうっ……さすがにキツイな、心菜さんのアヌス……。グイグイ締め付けてくるよ、んっ……!」

貴洋は心菜の肛門をズンズンと突き立てていく。アナルには何度も挿入しているが締め付けは初めての頃とそう変わりはなかった。しかし心菜の様子は初めての頃よりは大分変わっていた。

「はああ……ん、お尻いいのぉぉぉ……! アヌスを突かれるのがこんなに気持ちいいなんてぇ……ああん、いいよ……もっと突いてぇ……! お尻の中も貴洋くんの欲望で汚してぇ……!」

すっかり快感でとろけきった表情で貴洋にねだる。貴洋はそれに応えるようにアナルを攻める下半身の動きをどんどん強くしていく。それと連動して触手も心菜のヴァギナを一気に貫いてきた。

「ひああっ、そ……そんないきなりなんてぇ……ああっ、オマンコの中そんなにうねうねしないでぇ……か、感じすぎちゃうぅ……!」

貴洋によるアナル攻めに加え、触手に膣内を掻き回され心菜はビクッビクッと身体を震わせ、触手に挿入されている膣口からプシャップシャッと愛液が断続的に噴き出してきた。その膣口にもう一本触手が近づいてきていた。

(続く)


あとがき

どうも、ささかつです。
第21部ですが、今度は貴洋がアナルを攻め、触手がヴァギナを攻めていく形になりました。しかし、これだけで終わるはずもなく更に過激な攻めをやっていこうかと思いますので、ご期待ください。
それでは。

sasakatu7856 at 11:51│Comments(0)TrackBack(0) アイアンメイデン-鋼のオトメ- | 二次創作

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)