2009年01月30日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲押檻

(7からの続き)



ズブゥゥゥッ!!

「あひいいっ!!」

アナルに強い衝撃と押し拡がれる感覚に私は甲高いくらいの悲鳴を上げてしまった。実はアナルにバイブを一気に入れてしまったためであったが、妄想モードに入ってしまった私にはキースにペニスをお尻の穴へ挿入した感覚になっていた。そしてキースはずんずんと私のお尻を責め立てる。

「あひいっ! ああっ! あはっ! ああっ……!!」

実際にはアナルにバイブを突っ込みそれを壁に押し付けながら腰を振り善がる私の耳にキースの声が聞こえてくる。

『ほーら、スピカだってお尻にちんぽ突っ込まれてひーひー泣いているじゃないか! 俺だけがドスケベかよ!』

半ば怒るかのようにキースが激しく腰をたたき付ける。パンパンとぶつかり合う音まで聞こえてくる。

『ひああっ! ああっ! あうっ、ぐぅ……ああっ、あああああっ……!』

アナルを激しく責められ、ただよがり声を上げるしかない私にキースが今度は優しく囁きかける。

『クス……すっかり感じまくっているようだね。でもまだもっと感じさせてあげるよ……。』

『はあ……はあぁ、ふえ……? な……何を、ひゃあああっ!!』

なんとキースは私の胸と肉棒に手を伸ばして愛撫してきたのだ。新たな責めが加わり私の快感はさらに高まっていった。

『ひはあああっ! あはっ! あがっ、あはっ、ああっ……そ、んな……いっぺんに責められたら私、ああうっ! くっ……ううっ!』

『イッちゃう?』

キースがねっとりと耳元で囁いた気がした。私はコクコクと首を縦に振った。キースがまた耳元で囁く。

『じゃあイカせてあげる、気が遠くなるほど盛大にイッてね♪』

『あひいいいっ!!』

キースがより深く私のアナルを突き入れる。それと同時に胸の愛撫と手コキも激しくしていく。私はキースの腕の中でただ身もだえしながら腰を振っていく。手コキされているペニスの根本から込み上げる感覚がしてきた。

『あぐっ! あひっ、ああっ、あはっ! あ、あああああっ、ああああああっ!!』

その時だった。私の股間が解き放たれたように何かが放出され、頭の中が白く染まっていった。

「あはっ……ああっ、あああああ、あはあああああ……!」

私は身体をがくがく震わせ、快感に身を任せながら体液を放出していった。そしてそのうちにベッドに突っ伏して自らが放出した二つの性の匂いに包まれながら意識を闇に沈めていった。

(続く)

あとがき

どうも、ささかつです。しばらく更新して申し訳ありませんm(__)m
ですがスピカのオナニーシーンも今回で終わり、次回から新展開のつもりでいますのでご期待して下さい。
それでは。

sasakatu7856 at 21:51│Comments(0)TrackBack(0) ロマンスは剣の輝き(スピカ) | 二次創作

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)