2009年04月28日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲押檻械

(30からの続き)



お尻でしてみない―エレノアさんのその言葉に私はゴクリと唾を飲み込んで思わず頷いた。

「うふふ……素直な娘ね、それじゃ一旦抜くわね、んっ……!」

エレノアさんが立ち上がると私のペニスがズルリとエレノアさんの膣から抜けてきた。それとともに膣内に注ぎ込まれていた精液が逆流し、膣口からダラダラと垂れてきた。

「ふ……ああ、あ……ああ……ああああ……!」

「うわ、凄い……!」

エレノアさんが恍惚とした表情で身体を震わせながら精液を漏らす様は私の胸と股間をときめかすには十分だった。そんな私にエレノアさんが声をかけてくる。

「ふふ……どうしたの、そんなに顔を真っ赤にしながらぼーっとして……?」

「あ……いや、なんとなく綺麗だなと思って……。」

顔は背けながらも目はエレノアさんの方に向けてポリポリと頬を掻く私にエレノアさんは妖艶に微笑んでいった。

「そう……それじゃ、あなたももっと綺麗にさせてあげないとね?」

そう言ってエレノアさんは私にお尻を向けると自分でお尻を拡げ、色んな液に塗れた二つの穴を見せ付ける。それを見た私は思わず息を飲んだ。

「凄い……おまんこもお尻も凄くひくひくしてる……!」

「ふふ……凄いでしょう? あなたのおちんちんがもっと欲しくてひくひくしてるのよ……。」

エレノアさんはそう言うと自分の右手を尻の間に持っていき、中指をアナルに突っ込んだ。

「ふあああああっ! い……いい、いいっ……! お尻に指突っ込んでオナニーするのって凄く気持ちいい……! ど、どお……入れたいでしょ? 私のお尻にちんぽを突っ込みたいでしょ、んんっ……んっ……んっ……!」

アナルに指を突っ込みながら出し入れする様と誘うような表情に私は思わずペニスを扱きながら答えていた。

「はっ……はひいぃ……入れたいですう……! エレノアさんのお尻にちんぽ突っ込みたいですううう……!!」

喘ぎながらペニスを扱くという私の痴態に満足そうな笑みを浮かべたエレノアさんはアナルオナニーをやめる。

「そう、それじゃ入れさせてあげる……。」

エレノアさんはそう言って尻穴を拡げながら腰を下ろしていく。私もペニスを扱くのを止め、扱いていた手をペニスに添える形にしておく。その内に私のペニスの先端とエレノアさんのアナルが触れ合った。

「んっ……!」

「くっ……!」

お互い小さく声を漏らした後、エレノアさんはさらに腰を落とし、私のペニスを自分の肛門の中に飲み込ませていった。


(続く)

あとがき

こんにちは、ささかつです。今回はアナル挿入にいく予定でしたが、エレノアさんの誘う姿が書きたくなってアナルオナニーとなりました。挿入は次回になりますので、今回期待していた人は申し訳ありませんが次回までお待ちください。
それでは。

sasakatu7856 at 10:23│Comments(0)TrackBack(0) ロマンスは剣の輝き(スピカ) | 二次創作

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)