2011年01月16日

今年2度目の小説です

今回はpixivの机野エルフ(http://www.pixiv.net/member.php?id=2187485)さんのイラスト(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15753845)を基にして投稿した小説をブログにも載せることにしました。挿絵はそのイラストを使わせていただきます。机野さん、ありがたく使わせていただきます。
内容は「ロマンスは剣の輝きⅡ」のジャネットが女山賊達に犯され続けてイキまくるというストーリーです。それではどうぞ!

ロマンスは剣の輝き2イラストストーリー「女山賊に犯され続けて感じまくる女戦士」


パンパンパンパン……!
褐色女「んおおおお♪ スゴッ……いひっ☆」
褐色肌の女がバックから責められ涙と涎を垂らしながらよがり声を上げている。大きな乳房はブルンブルンと揺れ回り、股間から生えた一物にはコンドームが装着され褐色女自身から射精したであろう精液が大量に溜まっていた。何度も絶頂したと思われる肉体にやがて新たな絶頂が訪れる。

15753845

褐色女「イグイグイグ♪ イグゥゥゥッ♪」
褐色女が一際背を反らして絶頂を告げる叫び声を上げ何度か痙攣したようにビクンッ! ビクンッ!と身体を震わせると床に崩れ落ちる。しかし間髪入れずにパンパン……と新たに腰がぶつかり合う音が放たれる。

褐色女「あぎひいいいっ♪」
青いショートカットの女「オラッオラッオラッ♪  たった17発ぶっこんだくらいでへばってんじゃねーよ、このメス豚っ☆」
絶頂して弛緩した褐色女を責め立てるように青いショートカットの女がはあはあと荒い呼吸を繰り返し褐色女を罵りながらパシンッ! パシンッと腰を叩きつける。結合している部分から汁が溢れ出し水溜まりを作っていた。
青いショートカットの女に責められている褐色女の名前はジャネット・バンロックといい自分の身長程の長さを誇る大剣を自在に振り回す女戦士だった。そのジャネットを責めている青いショートカットの女は山賊でジャネットを責めている場所は山賊のアジトだった。ふとしたことからジャネットは女山賊に捕まりここに連れ込まれ裸にされ毎日女山賊の性欲処理の相手……つまり肉便器として扱われた。最初は抵抗したジャネットだったが女山賊の巧みな責めや媚薬などで凄まじいまでの快楽を肉体に叩き込まれやがて自我が崩壊してしまった。もはや大剣を振り回す女戦士の面影は失われ、今ではどんな責めにも快感に変えよがり狂う完全なメス豚になり果てていた。女山賊の激しい責めに股間から突き出た剛直から射精を繰り返しながらジャネットはよがりまくる。

女山賊(青)「ホラホラホラ、チ○ポから精液ぶびゅぶびゅ出して快感によがり狂うがいいわ♪  この豚が♪ この豚が♪ この変態メス豚がっ♪」
ジャネット「ぶひっ♪ ぶひいいいっっ♪  チ○ポだめっ♪ またチ○ポイクッ♪ イキ過ぎて壊れるううう☆」
あひっ、はひっと大口を開けながら舌を出して喘ぎまくるジャネット。そんな彼女の口に別の肉棒が突っ込まれた。

ジャネット「ぶもっ!?」
ずぽっと口内に野太いモノが突っ込まれジャネットは一瞬息苦しさを感じたがすぐに快感にすり替わり全身をビクンッと震わせた。ジャネットの口内に肉棒を突っ込んだ緑色のロングヘアの女だった。

緑色のロングヘアの女「あはあ……豚が人間の言葉をしゃべっちゃダメでしょう?」
ジャネットを人間扱いせず彼女の口内の感覚を楽しむ緑色のロングヘアの女は女山賊(青)の仲間だった。女山賊(緑)はゾクゾクと背筋を駆ける快感を味わいジャネットの燃えるような赤い髪をひっつかみながらぐいぐいと剛直でジャネットの口内を犯していく。

ジャネット「ブ……フゴッ♪」
女山賊(緑)「ホラホラ、黙ってしゃぶりな♪ この変態っ☆☆」
口を塞がれているため言葉を発することは出来ないのだが女山賊(緑)は好き勝手にジャネットを口淫する。ジャネットも口を犯されながらも身体をビクビクと震わせ感じていた。今やジャネットは全身性器といっても過言ではなかった。そのジャネットの上下の口の感覚を感じながら女山賊達は次第に込み上げてくるのを感じた。

女山賊(青)「んんっ、もう出るっ♪」
女山賊(緑)「んくっ……こっちもイクッ♪」
ジャネット「んぶううううっっ☆☆」
女山賊達の肉棒の震えにジャネットの肉体も震える。それに連動して女山賊達はジャネットの口内と膣内に精液を解き放った。

ジャネット「んむううううっ☆☆☆」
女山賊達に射精されてジャネットも自らの肉棒から精液を噴き出して絶頂した。

女山賊(青)「んはあああ……♪ すご……こいつのマ○コスゴくいい……☆☆」
女山賊(緑)「んふううう……♪ こっちもだよ……はあ、こいつの口マ○コもスゴくいい……☆☆」
射精の余韻に浸りつつも女山賊達はジャネットの上下の口を更に犯し続けていく。

ジャネット「んぐっ♪ んんっ♪ んっ、んぐっ、んっ……んんんんっ♪♪」
女山賊達に精液を注ぎ込まれ涙と鼻水と涎を垂らしながらジャネットは更に女山賊達の精を求め続けていく。

女山賊(青)「ふふ☆ すっかりこいつ淫乱だねえ……♪」
女山賊(緑)「ああ……だけどこいつを手放すことなんて出来ないね♪」
女山賊達はすっかり自分達の所有物と化したジャネットを見てふうふうと荒い吐息を繰り返しながら嬉しそうに呟く。そんな女山賊達の言葉を理解したのかしないのかジャネットは身体を揺らしながらとろけるような笑みを浮かべ女山賊達を受け入れ続けていった。


(終わり)

sasakatu7856 at 08:15│Comments(2) ロマンスは剣の輝き(ジャネット) | 二次創作

この記事へのコメント

2. Posted by ささかつ   2017年07月01日 09:30
>DVDになってほしいです

いろいろ難しいですね。すみませんm(__)m
1. Posted by 猫かつお   2017年07月01日 09:14
5 おはようございます冷えますなDVDになってほしいです
それではさようなら

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)