3ヶ所同時攻め

2009年01月30日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲押檻

(7からの続き)



ズブゥゥゥッ!!

「あひいいっ!!」

アナルに強い衝撃と押し拡がれる感覚に私は甲高いくらいの悲鳴を上げてしまった。実はアナルにバイブを一気に入れてしまったためであったが、妄想モードに入ってしまった私にはキースにペニスをお尻の穴へ挿入した感覚になっていた。そしてキースはずんずんと私のお尻を責め立てる。

「あひいっ! ああっ! あはっ! ああっ……!!」

実際にはアナルにバイブを突っ込みそれを壁に押し付けながら腰を振り善がる私の耳にキースの声が聞こえてくる。

『ほーら、スピカだってお尻にちんぽ突っ込まれてひーひー泣いているじゃないか! 俺だけがドスケベかよ!』

半ば怒るかのようにキースが激しく腰をたたき付ける。パンパンとぶつかり合う音まで聞こえてくる。

『ひああっ! ああっ! あうっ、ぐぅ……ああっ、あああああっ……!』

アナルを激しく責められ、ただよがり声を上げるしかない私にキースが今度は優しく囁きかける。

『クス……すっかり感じまくっているようだね。でもまだもっと感じさせてあげるよ……。』

『はあ……はあぁ、ふえ……? な……何を、ひゃあああっ!!』

なんとキースは私の胸と肉棒に手を伸ばして愛撫してきたのだ。新たな責めが加わり私の快感はさらに高まっていった。

『ひはあああっ! あはっ! あがっ、あはっ、ああっ……そ、んな……いっぺんに責められたら私、ああうっ! くっ……ううっ!』

『イッちゃう?』

キースがねっとりと耳元で囁いた気がした。私はコクコクと首を縦に振った。キースがまた耳元で囁く。

『じゃあイカせてあげる、気が遠くなるほど盛大にイッてね♪』

『あひいいいっ!!』

キースがより深く私のアナルを突き入れる。それと同時に胸の愛撫と手コキも激しくしていく。私はキースの腕の中でただ身もだえしながら腰を振っていく。手コキされているペニスの根本から込み上げる感覚がしてきた。

『あぐっ! あひっ、ああっ、あはっ! あ、あああああっ、ああああああっ!!』

その時だった。私の股間が解き放たれたように何かが放出され、頭の中が白く染まっていった。

「あはっ……ああっ、あああああ、あはあああああ……!」

私は身体をがくがく震わせ、快感に身を任せながら体液を放出していった。そしてそのうちにベッドに突っ伏して自らが放出した二つの性の匂いに包まれながら意識を闇に沈めていった。

(続く)続きを読む

sasakatu7856 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月18日

心菜さんの危険な遊び( その14)

(13からの続き)

「いあああああっ!」

一気に挿入されたせいか心菜は悲鳴を上げるものの、触手のピストン運動によって快感がすぐに高まり自分から激しく腰を振っていく。

「ああっ……あっ、あうっ……ああっ、はあああっ……!」

触手に貫かれ喘ぐ心菜だったが、更に肛門の方にも別の触手が入り込もうとしていた。

「やっ……そこ、お……お尻にも、って……んあああああっ!」

尻穴にも触手が挿入され、心菜は思わず身体を退け反らせた。

ズッ……ズプッ、ズチュッ、グプッ、グチュッ、グプッ……

「ひゃああっ! ああっ……あっ、いいっ! お尻とオマンコ同時に責められるのって凄くいいっ! ああっ、もっとしてお尻とオマンコガバガバになっちゃうくらいもっとしてえっ!」

前後の穴を同時に責められ快感に喘ぎ絶叫する心菜の姿を見てもっと責めてみたいと思ったのか、触手パーツはウィィィ……と唸り声を上げると口内にも触手を一本侵入させた。

「んぐうっ! んんっ、んうっ……!」

口内が亀頭そのものである触手に侵入され、一瞬息が詰まるような感覚になったが心菜はそれに舌を絡める。

「ん……んむっ、んんっ、んちゅっ、んんっ……!」

ウィィィン、ウィィィンと嬉しそうに高らかな作動音を上げながら触手パーツは口腔・アナル・ヴァギナの三カ所を責め貫き、さらに両手にも一本づつ別の触手を握らせ、心菜に扱かせるようにする。その触手達の先端の穴からはとろとろと先走りの汁が流れ出てきた。

(あぁ……もうこんなに先走りがいっぱい出てる、人間と同じように……、ああん、美味しい……もっと飲みたいぃ……!)

先走りの汁をもっと飲みたいと思った心菜は口をすぼめるようにして先端の穴から噴き出すカウパーをどんどん吸っていく。それが気持ちいいのか触手は更に動きを激しくし股間の二穴をより激しく責め立て、包み込む手のひらをベトベトに汚していく。

ウィィィン、ウィィィン……

触手パーツは作動音を高鳴らせ、心菜の全身を責め抜いていく。その先端はビクビクとかなり震えてきて今にも射精しそうだった。

(ああ……射精するんだ、私の身体むちゃくちゃにして射精するんだ……。いいよ、出して……ドロドロのザーメンで私の身体真っ白に汚して……!)

心菜は全身を使って触手に射精を促す。触手パーツもそれに応えるかのように今までよりも更に激しく心菜の全身を責め立てていく。すると口内を責めていた触手が一層激しく震え、口内に射精すると一斉に他の触手も射精して心菜の全身を精液で汚していく。

「んむっ! んうっ、んんんん……!」

口内に発射された精液を飲み下そうと心菜は盛んに触手の先端を吸っていく。しかし量が多すぎたせいか、飲み切れなくなり、ついには口内の触手を吐き出してしまった。

「んぐっ……げほっ、げほっ……!」

心菜は思わず咳き込んだもののすぐに落ち着く。

「ふわっ……はぁ、はぁ、はあぁ……!」

全身を精液に染め、呼吸もまだ少し荒かったが表情はまだ物足りなさそうであった。未だ股間の両穴に挿入されたまま腰をゆらゆらと動かしていた。

「まだダメェ……! こんなんじゃまだ足りない……、本物の……ホンモノのオ……チンポ欲しい、んああ……!」

本物のペニスでなければ満足できないだろう、そう思ったことを口にした心菜の耳にある一言が飛び込んできた。

「俺で良かったら……どう?」

(続く)
続きを読む

sasakatu7856 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月23日

ロマンスは剣の輝き競汽ぅ肇好函璽蝓璽僉璽硲院檻苅

(46からの続き)



「わかった、それじゃ……、んっ……。」

私の言葉にキースはゆっくりと立ち上がる。キースの膣内に入っていたペニスがズルッと抜け出し、その上に逆流してきた精液が流れ落ちてきた。

「んんっ……、ジャネットの精液凄い量だよ。クスッ……そんなによかったんだ、俺のアソコ……。」

流れ落ちる精液の感触が気持ちよかったのか、キースは身体を震わせながらはにかむように微笑んだ。

「うん……、キースのおま○こ凄くよかったからいっぱい出ちゃったよ、ふふ……。」

自然と頬が緩んでいた。キースに恥ずかしいことを言われているのに嬉しくなってしまうなんてどうかしているんじゃないか……そんな気になるのだが、キースもまんざらでもなさそうだしまぁいいかなんて思ってしまうのだった。

「はあ……はぁ……あぁ……、ジャネット嬉しいよ……、んんっ……それじゃ今度俺がジャネットを気持ちよくしてあげるね……。」

キースは私の精液を膣口からあらかた放出するとベッドの端に腰掛けるように座った。

「ジャネット、おいで……。」

キースは私に手招きするように手を差し出す。私は付着したキースの精液などはそのままにノロノロと立ち上がるとベッドから降りてキースの前に立った。

「ジャネット、こっちにお尻を向けて広げてみて。」

「う……うん、こう……?」

キースの言われるままに私は後ろを向くと、尻を突き出して両手を後ろに回して尻の間を広げて、恥ずかしい穴をキースに見せた。

(うわぁ、恥ずかしい……。だけど山賊達にはそれ以上に恥ずかしいことをされているし、キースにだったら何をされてもいいかな……。)

「綺麗だよ、ジャネット……。」

「そんな、恥ずかしいよキース……。それに私……山賊達に散々辱められ汚されたんだから……。」

山賊達に受けた恥辱の数々は忘れることは出来ないだろう。しかしキースと肌を重ねることはそんなことを角においやることは出来そうな気がした。そんなことを思っているとキースが私のヴァギナとアヌスに口付けをした。

「ふあっ……! キ……キース……?」

「大丈夫だって、もし汚されたって俺がジャネットを真っ白にするくらい愛してあげるから気にするな。」

「キース……。」

キースの言葉に私は心にジーンとくるものがあった。ふと涙が出そうになったが、私はそれを堪えた。

「それじゃキース、いくよ……。」

「うん、来て……ジャネット。」

私は尻の間を広げながらゆっくりと腰を下ろす。アヌスがキースのペニスに触れた。

「んあっ……!」

アヌスがペニスに触れた瞬間、ピクンと身体が震えたが構わずに腰を下ろしていった。

「んあっ……あっ……はあっ……ああん……はああっ……!」

「あうっ……くっ……ううっ……くううっ……!」

スブズブとキースのペニスが私のアヌスの中に入り込んでくる。内臓が押し上げられるような圧迫感はあるものの、キースと繋がる悦びの方が大きかった。その内に私のアヌスはキースのペニスを根本まで受け入れた。

「はあ……あぁ……入った……。ジャネットのアヌス、凄い締め付けだけど気持ちいいよ……。」

「ああ……ん、ああ……。キ……キースのおち○ぽ凄く硬い……。これだけでイッちゃいそうだよ、ふああん……!」

私は思わず腰を揺すっていた。それがキースのペニスと私の腸壁とが擦れあって快感になっていった。

「ふあっ! ちょ……ちょっとジャネット……、そ……そんなに動いたらダメだって……!」

「はあ……ああ……、クスッ、イキそう……イキそうなんだキース……。いいよイッて……私のお尻で何度でもイッて、はぁん……!」

私はキースの腰の上で尻を擦りつけるように自分の腰を振っていた。スピードはさほど早くないが、それでもかなりの快感であった。

「あはっ……あぁっ……、ジャ……ジャネット、何度でもイかせてくれるのは嬉しいけど、んはあ……ジャネットもイッてくれなきゃ……!」

キースはそう言いながら自分からも腰を動かしていく。ズンズンと突き上げられるのが堪らなく気持ちよかった。

「ふわああんっ……! い……いいの、お尻の中キースのちん○でえぐられるの気持ちいいの……! ああんっ突いてぇ! キースのお○んぽで私のはしたないお尻どんどん突き上げてぇ!」

「はあ……ああ……ああっ、う……うん……いいよジャネット、もっと突いてあげる……。くはあ……アヌスだけじゃなくてここも……!」

「え……、ん……ふああああ!」

突然ヴァギナに硬い物が入り込んできた。ひんやりとした感触からバイブとわかった。キースはバイブとペニスで私の二つの穴を攻めることにしたようだ。さらにキースは空いた手を私のペニスに伸ばし、それを掴むや扱きたてた。

「ひゃあああ! ダメェ……! おち○ぽまで攻めちゃダメェ……!」

「ふふっ……、ジャネットの股間、三つとも攻められて気持ちいいでしょ、んんっ……!」

アヌスをペニスで、ヴァギナをバイブで攻められ、更にいきりたったペニスを扱かれる。あまりの凄まじい快感に頭の中が焼ききれそうになる。すでに目から涙が流れ落ち、口の端から涎が垂れ流しだった。

「はう……ああっ……あうっ、らめぇ……! い……いいろ……凄くきもひいいろ……、きもひよしゅぎてひんじゃいそお……!」

あまりの快感に言葉はまともに喋れなくなっていた。それでも私は更に腰を振り続けていた。キースも三つの性器を更に激しく攻めていく。

「んんっ、くっ、ふうう……! いいよジャネット……死んで、好きなだけ死んでいいよ、それっ!」

「ふああっ!」

キースがズンッと私のお尻を一層強く突き上げ、更に私の首筋を舌を這わせ舐め上げる。

「ひはああ……! らめぇ……、そんなところ舐めちゃらめぇぇぇ……!」

「んんっ……、ジャネットの汗も美味しいよ……、んっ……!」

「やっ……やらあ……、へ……変態ぃ……!」

「変態はひどいなぁ。せっかくジャネットをいっぱい気持ちよくしてあげてるのに……!」

変態よばわりされたことに拗ねてしまったか、キースは私のペニスを更に激しく扱きたて、バイブも膣内をズンズン突きまくる。

「あああっ! らめ……らめぇぇ……、激しくしちゃらめ、れる……せーえきれちゃうぅ……!」

もう限界だった。私は舌を突き出して絶叫していた。

「ふわああああ! もうらめっ! イクッ、イクッ、イクッ、イ……クゥゥゥゥゥッ!」

私はビクンッと身体を飛び跳ねるように震わせると、ペニスから精液を噴き出した。バイブで攻められているヴァギナからも愛液をプシャアッと噴き出していた。それとともにキースのペニスを受け入れていたアヌスもきゅっと締まった。

「んくっ……んううううううう!」

ペニスを締め付けられたせいか、キースがうめいて私の腸内に射精した。

「んああああ! あ……熱い……! キースの熱い精液、お尻にドクドク注ぎ込まれて熱いの……!」

腸内に注ぎ込まれたキースの熱い精液を受け止め、私は熱さ以上に今までにない幸福感を噛み締めていた。

(続く)

――――――――――――
あとがき

第47部です。今回はジャネットへの3ヶ所同時攻めです。(私の)ジャネットはフタナリなんでこういう攻め方もありかと思ってやってみました。

なおジャネット受けはこれで終りではないんで、次回か次々回辺りまでやるつもりです。次回もどうかご期待ください。
それでは。


sasakatu7856 at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Recent Comments
TagCloud
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv(最新投稿30件)
pixiv(最新ブクマ30件)